日常

2018年7月16日 (月)

やきものフェアに行ってきました。

「第7回全国やきものフェアinみやぎ」へ行ってきました。
昨年に続き2回目です。特に陶器にに興味があるわけではないのですが、食器という点では興味がないこともないのかもしれません。
今年の我が家のテーマはマグカップ。
銀婚記念の旅行で買ってきたマグカップも毎日使用=毎日洗いの中で縁が欠けたりしてきたのでこの機に新調しようということです。
会場には全国の窯元が来ているわけで、当然のように値段の張るものもある訳で、場違い感のあるブースもある訳です。「本物」なんでしょうが、判断基準が「買えるもの」なのでサラッと流して通るしかないところもあります。
マグカップを探して見て回ると、「電子レンジで使えます」という説明をよく聞きます。
以前、知人と話していたら、「やきものを見て回るとよく、レンジで使えますと言われるけど、器を選ぶのにレンジがどうこうは関係ない、欲しいものを選ぶんだ」と言っていました。確かにレンジで使えたら便利は便利ですが、今使っているマグカップもレンジでは使えないものです。
少々不便ですが、気にならないと言えば気にならない程度です。
本物志向を気取って(エセ本物志向)、「レンジで使えます」という説明のものを省きながらチェックして歩きました。
買ってきたのがこれ
Photo
何でも、この絵柄の部分は和紙なんだそうです。
新潟県長岡市に構える美野里窯、小黒陶三氏によるもので、「和紙焼き」というらしいです。
値段を見るとマグカップとしてはかなりの値段。流石に手が出ないなぁと考えていると、なんと二つで一つ分の値段でよいということなので、値引き好きで、珍しいもの好きというか、新し物好きというか和紙がやきものになるというのが気に入っていや、気になって買ってしまいました。
家に帰って早速コーヒーを淹れてみると、まぁなんということでしょう。安い買い物ではなかったという心理状況を反映してなんともおいしいコーヒータイムとなりました。
そうそう、これがレンジで使えるかどうかを聞くのを忘れました。

2018年7月 3日 (火)

オニフスベ

Photo
草刈の最中に発見しました。
いつもとは違う場所で、一つ目を知らずに踏みつけると「プシュ~」と音がしました。
ボールかと思ったらなんとオニフスベ。
まだ白くてきれいです。
とは言え、草むらにあったので、枯れ草がくっついてはがれません。
これが食用と言われても、食べる勇気が出ません。

2017年10月12日 (木)

サツマイモの花も咲きました

Photo
 
Photo_2
サツマイモを掘るタイミングはいつごろかと思い畑を見てみると
なんとサツマイモの花が咲いていました。
アサガオに似た感じです。
サツマイモが花をつけるとは思いませんでした。

2017年9月14日 (木)

彼岸花が咲きました

Photo
5年前に奥さんの実家から球根(根⁈)をもらってきて植えた彼岸花が咲き始めました。
翌年は3本くらいしか咲かなかった花が何とか群落に成長しそうです。
一年ごとに咲く花が増えてきているので楽しみです。

2017年9月 7日 (木)

ロケットストーブを作ってみました

Dsc_05681_4
ロケットストーブを作ってみました。
出来は決して良くありませんが、面白みはあるかもしれません。
これをどう使うかですね。

2017年9月 1日 (金)

台湾カレー 辛ぇ~❗

1504220834897.jpg
shin5さんからこんなものをいただきました。
台湾ラーメンにつづく台湾シリーズです。
レトルト袋を開けると、レトルトカレー独特の香り。嫌いじゃないです。ほのかに甘い香りです。
ところが口に入れると結構辛い❗
後からくる辛さです。
台湾の人たちはこんな辛いものが好きなんだろうか?
この一袋で、息子1と私の夕食が間に合いました。
次に食べるのが楽しみです。
shin5さん、ごちそうさまでした。

2017年7月24日 (月)

やきものフェアに行ってきました

Photo
先日、柄にもなく夫婦で夢メッセで開かれた、やきものフェアに行ってきました。
普段はやきものに大した興味もなく(高価故に知らんぷりか・・・)、奥さんがチケットを手に入れてきたことと、休みが合ったことで行ってきました。
同時開催で北海道の食材のブースもありました。
10時開場ということで9時40分頃に会場につくとすでに入り口では行列ができていました。
窯元に目当てがあるわけではないので行列になると一番嫌な食べ物ブースから回ることにしました。
Photo_2
丼は茶碗より一回り大きいくらいのものでこれが二つで1,500円。
高いのか安いのかよくわかりません。
Photo_3
中標津町からはこんな食べ物が・・・
大きなシイタケにチーズをのせて焼いたもの。
元単車乗りの私としては、中標津といえば地球が丸く見える開陽台のイメージしかなく、シイタケが特産品だとは知りませんでした。
味はまさにシイタケで、こんな大きなシイタケが商品になることが不思議でした。
おなかも膨れたのでやきものブースを見て歩きます。
流石に良いお値段で、皿なんかはちょっといい感じだと思うと1枚6,000円位しています。
とてもとても手が出るものではありません。
そもそも、欲しいと思っていたできるだけ平べったい大き目の皿がありません。
 
2
1枚6,000円という値段を見ていると1枚2,800円は安いように思えてくるから不思議です。
何を盛り付けるのかこれから考えなくてはなりませんが、とりあえず白黒セットで購入しました。
後から考えると、お祝いの席では使えない色なんだろうか?
 
Photo_4
毎晩の晩酌がすでに日課となってしまった私がこれだと思ったのがこれ。
漆陶というものらしく、陶器の上に漆を塗ったものだそうです。
NHKの朝ドラ「まれ」で輪島塗の工房で漆陶をやるとかやらないとか言っていたのを思い出しました。
しかしながらこれは岐阜県の窯元さんのものです。
色合いといい、漆陶ならではの重量感がなんとも言えません。さらに、テーブルに映りこんだいいちこの紙パックがいい味を出しています。
今回改めて分かったこと
Photo_5
会場の夢メッセは仙台港のすぐそばです。かつて花の博覧会の会場となったこの辺りにショッピングモールがあり、その中に観覧車があります。
やきものフェアを出た後、ショッピングモールにより、大胆にも「観覧車に乗ろうと」奥さんを誘いました。
奥さんは高いところが大好き。
それに比べて私は・・・・
窓からこの写真を撮るのが精いっぱいで、
 
私は高いところが大嫌いということです。

2017年6月23日 (金)

道端にタコさんウインナー

1498189947224.jpg
道端にタコさんウインナーが散乱しています。
なんなんだろうとよく見ると、
ザクロの花でした。
それにしてもそっくりです。

2017年4月23日 (日)

筆甫のウバヒガンザクラ

Photo
丸森町の筆甫(ひっぽ)というところにこのような桜の木があります。
樹齢600年を超えるとも言われていて幹回りは見事なものです。
古木に加えこの大きさですから、かなり傷んでいるようで、朽ちたところに修復?手入れ?の跡が痛々しいです。
数年前の大雪で枝が折れたり、真下に横たわる枝で分かるように、今年も枝が折れたようです。
それがなければ見事な桜だろうと思います。
さて、種まきから2週間過ぎた苗です。
14
このようにひたひたの水に浸けた状態で栽培するので「プール育苗」と呼ばれます。
本葉2枚の状態になりました。3枚になれば植えられるといわれています。
しかしながら、ご覧のように生育に差があります。
植物ですから、成長の早いもの、遅いものがあるのは仕方がないのでしょうが、芽だしの作業をしても成長が揃わないのはなんとかならないものかと思います。
 

2017年4月12日 (水)

お花見ウォーキング

Photo
桜も咲いた休日だったので、一度は行ってみたいと思っていた柴田町と大河原町にまたがる一目千本桜を見てみようと思い立ち、阿武隈急行と東北本線を乗り継ぎ、普段だったら車で15分くらいのところへ電車で出かけてきました。
Photo_7
これが本日のコースです。全行程6.7㎞ スマホのアプリの使い方をマスターしていなかったので、途中休憩を含め1時間51分のウォーキングです。
どうせやるならということで、船岡駅から大河原駅までの一駅区間を歩いてみました。
昨年あたり、国道4号線と東北本線をまたぎ、堤防と船岡城址公園を結ぶ「さくら千桜橋」が完成しており、ウォーキングには絶好のコースです。
今日は西風がやや強く、冷たい風の日でした。
それでも歩くには良い感じではありましたが、手袋があるともっとよかったと思える寒さでした。
Photo_2
城址公園展望台から一目千本桜(東方向)
Photo_3
さくら千桜橋より蔵王、下り仙台行き列車
 
一目千本桜は白石川の堤防の桜並木で東北本線、国道4号線(旧道)が船岡城址公園のすぐ下に続いています。
東には太平洋を眺め、西には蔵王連峰が見えるという絶好のロケーションです。残念ながら先日の雨上がりで、時々雨がぱらつくというあいにくの天気で、蔵王は良く見えません。桜並木の上の三日月形の雪が見えるところが、蔵王連峰の白石スキー場です。
この時期、列車はお花見運転ということでこの区間を徐行運転します。
平日とあって、カメラ爺さんが三脚を担いで写真を撮っていました。
Photo_4
城址公園よりさくら千桜橋
 
Photo_5
堤防の桜並木
一駅区間を歩こうと考えているのは私ばかりではなく、写真の青いジャンバーを着た方も私とほぼ同じコースを歩いていたようです。
Photo_8
大河原町の花見会場です。川沿いに屋台、そこからどてみむかっての広場が、休日には宴会場になるのでしょう。今日は閑散としたもので、土手で弁当を食べる人たちだけでした。
もちろん、土手は桜の花の下なので最も贅沢な場所です。
お昼ご飯はこの屋台の一軒に入り天ぷらうどん(500円)をいただきました。
風が寒いので暖かいうどんがおいしかったです。
 
Photo_6
徐行運転の先頭車両からの眺め
 
帰りはうまい具合に先頭車両はすいており、童心に帰って運転席からの眺めを楽しみました。 この年齢になっても子の眺めはワクワクします。

より以前の記事一覧