« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月29日 (土)

蕎麦 今年は収穫を目指します!!

Photo
東北地方の梅雨明けはいつなのか?とマスコミ等ではいわれています。
しかしながら、東北地方は梅雨入りが最近のことじゃないのかとも思えるほど空梅雨で経過したように思います。
そのおかげで、小麦の刈取を終えた田圃も雑草が繁茂することのないように耕起を繰り返すことができました。
28日夜から再び雨という予報が出ていたので、28日朝仕事で耕起、昼過ぎから蕎麦の種まきをしました。
相変わらず、面積重視ではなく、種1㎏を蒔けるだけ蒔くというスタイルです。
ここ2年くらい、種まきの省力化(手抜き)で、バラマキしただけで済ませていましたが、収穫する気になれないような作柄だったので、今年は収穫を目指して「たねまきごんべえ 」でしっかりとした条蒔きにしました。
種の10倍、10kgの玄蕎麦になればいいなぁと何の根拠もなく思っています。
数回の耕起のおかげで土も細かくなっていてこれまでで最高の種まきができたように思います。
問題は、蒔く時期が少し早くなかったかということですが、そこは私の仕事。作物の都合ではなく、私の都合に合わせて作業します。
これが満足のいく作物にならない理由なんでしょうね。

2017年7月24日 (月)

やきものフェアに行ってきました

Photo
先日、柄にもなく夫婦で夢メッセで開かれた、やきものフェアに行ってきました。
普段はやきものに大した興味もなく(高価故に知らんぷりか・・・)、奥さんがチケットを手に入れてきたことと、休みが合ったことで行ってきました。
同時開催で北海道の食材のブースもありました。
10時開場ということで9時40分頃に会場につくとすでに入り口では行列ができていました。
窯元に目当てがあるわけではないので行列になると一番嫌な食べ物ブースから回ることにしました。
Photo_2
丼は茶碗より一回り大きいくらいのものでこれが二つで1,500円。
高いのか安いのかよくわかりません。
Photo_3
中標津町からはこんな食べ物が・・・
大きなシイタケにチーズをのせて焼いたもの。
元単車乗りの私としては、中標津といえば地球が丸く見える開陽台のイメージしかなく、シイタケが特産品だとは知りませんでした。
味はまさにシイタケで、こんな大きなシイタケが商品になることが不思議でした。
おなかも膨れたのでやきものブースを見て歩きます。
流石に良いお値段で、皿なんかはちょっといい感じだと思うと1枚6,000円位しています。
とてもとても手が出るものではありません。
そもそも、欲しいと思っていたできるだけ平べったい大き目の皿がありません。
 
2
1枚6,000円という値段を見ていると1枚2,800円は安いように思えてくるから不思議です。
何を盛り付けるのかこれから考えなくてはなりませんが、とりあえず白黒セットで購入しました。
後から考えると、お祝いの席では使えない色なんだろうか?
 
Photo_4
毎晩の晩酌がすでに日課となってしまった私がこれだと思ったのがこれ。
漆陶というものらしく、陶器の上に漆を塗ったものだそうです。
NHKの朝ドラ「まれ」で輪島塗の工房で漆陶をやるとかやらないとか言っていたのを思い出しました。
しかしながらこれは岐阜県の窯元さんのものです。
色合いといい、漆陶ならではの重量感がなんとも言えません。さらに、テーブルに映りこんだいいちこの紙パックがいい味を出しています。
今回改めて分かったこと
Photo_5
会場の夢メッセは仙台港のすぐそばです。かつて花の博覧会の会場となったこの辺りにショッピングモールがあり、その中に観覧車があります。
やきものフェアを出た後、ショッピングモールにより、大胆にも「観覧車に乗ろうと」奥さんを誘いました。
奥さんは高いところが大好き。
それに比べて私は・・・・
窓からこの写真を撮るのが精いっぱいで、
 
私は高いところが大嫌いということです。

« 2017年6月 | トップページ