« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月23日 (金)

道端にタコさんウインナー

1498189947224.jpg
道端にタコさんウインナーが散乱しています。
なんなんだろうとよく見ると、
ザクロの花でした。
それにしてもそっくりです。

2017年6月20日 (火)

小麦の刈取終了

Photo
6月18日(日)いまだ梅雨入りしていない宮城県ですが、雨に降られる前に と思い、小麦の刈取を決行しました。
本来ならば、小麦の実がろうそくのロウくらいの硬さになった頃が刈取適期ということのようですが、我が家では自然乾燥させるので、乾燥させるうちにそうなるだろうということで決行しました。
今年は写真のように刈取の機械を更新し、なんと2条刈りのバインダーです。
刈り始めはとっても調子がよく、これなら楽勝!!と思っていたら・・・
Photo_2
写真の右側の刈った後と左の刈った後の株の高さの違いがおわかりでしょうか?
右側が刈り始めた直後の跡。左側が調子が出てからの跡です。
中古で手に入れたものですから、取扱説明書がありません。
結束する紐の通し方はなんとなくわかったものの、刈り取りの高さの調整がわかりません。
刈り始めから、刈り取りの高さが低すぎるとは思っていました。
3周くらいすると、左側の列を刈取れなくなってしまいました。
作業を中断し機械を見てみると、刈り取り部から結束部まで移動する部分に下草の屑がぎっしり詰まってしまい刈取れなくなったことが判明。
刈取の高さが低すぎるため、雑草まで刈取ってしまうための障害です。
狭い機械の隙間に手を突っ込んで何とか機械が動くまでに屑を取り除き何とか再開にこぎつけました。
この手の機械だと刈取の高さを調整する機能があるはずなのですが、それがどこにあるのかわかりません。となると、やれることは一つ。
手元で機械を押し下げることで、刈り取り部が上に上がります。そう、手動で、感覚で刈取高さを上げるしかありませんでした。
そうなるとこの機械、非常に重いのです。
そういえば、この機械の手元側、エンジンの下部に約10kgはあろうかと思う重りがついていました。そのおかげで刈取部を上げる作業(旋回するときは刈取部を思いっきり上げてタイヤだけが接地するようにして旋回するのです)がかなり楽になっていました。
しかし、エンジンオイルを交換しようとしたら、この重りがちょうどドレンボルトの下に来るようになっていて、オイルを抜くと重りを汚すような構造でついていました。
それならばと思って、重りをはずしオイル交換を済ませ、面倒なのではずしたままで刈取り作業に臨んだわけです。
重い機械にのしかかるようにして、刈り取り高さを上げその後は調子よく刈取を済ませることができました。
今年は日曜日ということもあって、奥さんも刈取を手伝ってくれました。おかげで、草の屑を取り除く作業も何とか出来たわけで、これが一人だったらお手上げでした。
これからビニールハウスで自然乾燥させ、梅雨が明け乾燥したら脱穀です。
 
 

2017年6月 6日 (火)

阿武急でモス

Photo_2
毎月第一日曜日は阿武隈急行線のフリー切符が発売されます。600円で乗り放題です。
以前、テレビでモスバーガーを取り扱っているのを見て、そのうち行ってみたいものだと思っていました。ネットで検索したら、阿武急の福島学園駅の近くに福島鎌田店という店があるということなので、阿武急とモスバーガーのコラボ企画ということで出かけてきました。
Photo_3
やってきたのは「政宗ブルーライナー」と名付けられた8100系の車両です。なんとなくワクワクしてしまいます。
さて、モスバーガー福島鎌田店はなんとスーパーの一角にテナントとして入っている様子です。店の写真をと思ったのですが、入り口前にはスーパーの野菜コーナー特設のテントが張ってあり断念
Photo_4
さて、緊張のメニュー選びから私はアボガドチリチーズバーガーとオニポテとコーヒー
Photo_5
奥さんはダブルモス野菜バーガーとポテトのsとコーヒーを注文。
出来立てのハンバーガーは暖かいパテと冷たい野菜のなんとも言えない組み合わせでなんとも不思議な食感でした。
なんと私はモスバーガーを食べるのが初めてということで、無事に念願がかなったというわけです。
モスを満喫した後は、当然のように乗り放題を満喫するために福島まで行き、駅ビルで輸入食材の店でデュラムセモリナ粉とレッドペッパーを見つけて買って帰りました。
実はこの日の朝は、息子1に草刈りを教え、その間に奥さんは玉ねぎを収穫し、天日干し。
かえってから二人で保存する作業をしました。
なんとも気ぜわしいコラボ企画でした。

« 2017年5月 | トップページ