« 憤慨しています | トップページ | 種まきが終了しました »

2017年4月 7日 (金)

あたらしさん

Img_20170407_174921
そろそろ息子たちにも草刈りを覚えてもらってもよい頃なのかと思っています。
田舎に住む者にとって草刈りは避けて通れないものだと思います。
もっとも、人によっては草茫々のままにしている人もなくはないですが・・・・
そこで、息子たち共用の刈り払い機を買いました。
地域の共同作業にも私の代わりに出てもらえればよいと思うのです。
最近の農業機械は安全性のためにアクセルを握っていないとエンジンの出力を維持できないものになっています。
握力のない私にはいい迷惑の機能です。
刈り払い機も例外ではありませんでした。近所の人が使っている最新型も例外ではなく、なんとも使いにくそうだと思っておりました。
しかし、この機械はアクセルいやスロットルといったほうが良いのかあるいはガバナというべきか、ホールドする機能がついていました。
スロットル周りがなんだか複雑になっていますが、出力を固定できるのは作業が楽になります。
息子たちと草刈りができるのはいつになるか楽しみであります。

« 憤慨しています | トップページ | 種まきが終了しました »

日常」カテゴリの記事

コメント

ブリザドさん
刈り払い機、使い方はそんなに難しくはありません。
肩掛けベルトを必ず使用し、足元の草を刈りたいときは必ず歩いて後退して、決して回転する刃を足元に近づけない。
これを守れば安全に作業できると思います。
ホームセンターだったら結構安価で手に入ります。
是非!!
そうそう、念のために保護メガネは使ったほうがいいかも。

刈り払い機、業者の方が使われているのを見て、
内心、自分でもやってみたいな~と思う次第ですhappy01
素人でもそれなりに刈れるものでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594703/65120703

この記事へのトラックバック一覧です: あたらしさん:

« 憤慨しています | トップページ | 種まきが終了しました »