« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月13日 (水)

ツバメに根負け・・・

Photo
幸運を運ぶといわれるツバメですが、玄関に巣作りをされるのはどうしても許せませんでした。
壊されても壊されてもせっせと巣作りに励んだツバメに、1シーズンだけ子育てを許し、ひなが巣立った後、心を鬼にして撤去しました。
その後、裏口の換気扇のフードに巣作りをしたので、こちらはあきらめてくれるものだと思っていました。
ところが、今年も壊した巣の後に巣作りを始めました。
ツバメの巣はご存知の通り泥が主だったものですから、玄関先に泥を落とされたり、糞を落とされたりするのです。それがあるから許せないのですが…
せっせと巣作りする姿は、青息吐息で住宅ローンの返済続ける自分の姿ともダブって見えるわけで・・・
今年は、こんな仕掛けをして、汚されないようにしてみようと思います。
もっともこれは、姉の家でやったことのパクリですが。
突っ張り棒2本バーベキュー用網、洗濯バサミ 合計432円の仕掛けです。
もちろん、網の代わりに、段ボールでよいわけですが、これ以上汚したら焼いて喰っちまうぞという脅しの意味もあります。(通じるか?)
網は袋から出していないので網目から何かが落ちる心配はありません。

2016年4月 8日 (金)

28年産コメ作りに向けてまた一つおもちゃが・・・

Photo
 さぼりにさぼっているこのブログですが・・・
 間もなく、28年の米作りが始まります。
 TTPに集約される日本の農業が今後どうなるのかかなり不透明な状況ですが、採算度外視の無謀とも言える兼業農家の食に対するこだわりです。
今年は、4月10日(日)に種まきをします。
それに向けて、父親が残してくれたおよそ30年使用した種まき機(右側の赤いやつ)をセットし試運転してみました。
 すると、つなぎ目の金属疲労やセンサーの故障による動作不良が発覚しました。機械屋さんに相談したところセンサーの故障は電気的に直結することで解決するとのことですが、去年も動作不良で機械屋さんのお世話になるなど30年前の機械の限界を感じてきたところでもありました。
 この種まき機、新品で買うと30万円を超える代物です。去年あたりから、何とかしなければならないと思っていたところに今回の動作不良ですから、直結で解決したとはいえ、将来的に不安な状況でした。
 機械屋さんに、「新品はどの位するの?」と聞くと
 「30万円以上です。」という答え。
 その次に、「中古で出てるのありますよ」と続きました。
 「状態はかなりいいので、10万円位で何とかなるかもしれません。」
 さらに、「うちを通すと、いくらか儲けなければならないので、直接交渉してみましょう。」ということになり、早速、機械屋さんとともに売主さんのところへ。
 もう一人この機械を狙っている人がいるらしいのですが、連絡がないので私に売ってもよいということで商談が成立しました。
 10万円が高いのか安いのかは判断しかねるところですが、機械屋さんが自分の儲けを度外視して斡旋してくれたのでそれを信じることにしました。
 この機械は苗箱に床土を入れ、水をかけ、種をまき覆土をかけるという一連の作業が一工程で行えるという優れもので(今日では標準)1時間に200枚の種まき作業をこなすというものです。
 あんちゃんファームでの作付面積は約1ha。必要な苗箱は200枚。なんと1時間で終わってしまうことになります。これまでの機械の半分の時間で終わる理屈です。
慣れるのにコツがいりそうですが、種まきが楽しみです。
また一つ私のおもちゃが増えました。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »