« 二年目の蕎麦 | トップページ | 一日3回 »

2014年8月22日 (金)

ローラー天国

Wp_000044_2(写真差し替え)

四十数年前、私が育った田舎でもローラースケートが流行った。
私の家の周りには舗装されたところはなく、家の近くに舗装された道路がある同級生2人がローラースケートを所有していた。
当時の田舎は割とのんびりとしており、道路で子供が遊ぶなんていうことはあたりまえのことだった。
とはいえ、道路でローラースケートなんていうのは危険極まりないことというのは今も昔も変わらないのだが。
友達に貸してもらって道路でローラースケートをさせてもらった記憶がある。
「買って!!」と頼んだけれども、「危ないからダメ」と却下されてしまった。
働き始めたころ、スケートボードの流行が下火になり始めた。値段も手ごろになったし、「買って」とお願いする必要もなくなったのでスケボーを買った。
しかし、相変わらず近所に舗装された場所はない。やはり、道路で遊んでみるが、なんとなく抵抗がある。
ちょっと乗れるくらいになったところで、親戚の子どもにあげてしまった。
クルマやバイクを買って家で洗車し、磨きあげようとしても、土の上での洗車は泥はねが気になり落ち着かない。家の近くの道路は舗装になったが、そこまでホースを伸ばして洗車するわけにもいかない。
舗装にあこがれ続けたのは昨日今日ではなかったのだ。
そして遂に、庭を舗装することができた。
これでローラースケートやスケボーを周りの交通を気にすることなく楽しむことができる。
なんという贅沢でしょう。お祝いに紅白の垂れ幕です。
いやいや待て、四十年の時の流れは、バランス感覚が怪しくなり、膝の痛みを抱え、息切れで走ることもままならない熟年のおじさんに私を変えてしまった。
危険なのはもはや車やバイク、自転車などではなく自分自身の運動能力にあるようだ。
せっかくのローラー天国ではあるが、それを楽しむのではなく、ぬかるみに悩まされることがなく、除草の心配をすることがない安心感に替えることにする。
しかしながら、庭に入るまでの道路は相変わらずの砂利道。
ちょっと違う気もするが、それはそれで良しとしよう。

« 二年目の蕎麦 | トップページ | 一日3回 »

日常」カテゴリの記事

コメント

ブリザドさん
この歳でローラー物はきついでしょうね。
でも、インラインっていうんでしたっけ?あんなローラースケートやキャタピラ型のスキーなんか庭でやったら面白いんじゃないかと思ったりします。
でも、それをやってたら「変わってるね」って言われるんでしょうね。

私は学生時代にローラースケートにはまりましたが、
20代でも、馴れるまで疲労で足腰ガクガクでしたhappy01

shin5さん
アスファルトの庭がどうなのか考えるところはありますが、仕事柄荒れ放題の庭もよく見かけます。殺風景と荒れ放題二者択一を迫られれば私は殺風景を選びます。
この庭で何をして遊ぶのか考えるとワクワクします。

アスファルトの庭は味気ないような気もしますが、
お年寄りが歩く事や、いずれ孫が出来ると思うと
安全性は格段に向上しましたね!

バスケットボール用のリングを立てて、
3on3でもしましょうか?
すみません、心にも無い事を・・・・

ところで、これだけ黒いと暑くないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594703/60192962

この記事へのトラックバック一覧です: ローラー天国:

« 二年目の蕎麦 | トップページ | 一日3回 »