« 結婚25年メインイベント | トップページ | 二年目の蕎麦 »

2014年8月 1日 (金)

蕎麦も蒔いたし麦も収穫したし・・・

昨年は時期的に早く蒔きすぎた蕎麦も今年はじっくり待って7月31日に蒔きました。
昨年は2kgの種をまき、倒伏など、すべて刈り取ることができなかったので今年は1キログラムを蒔きました。10月末の刈取りが楽しみです。

6月末に刈り取った麦も31日脱穀をしました。収量はナンブコムギ113㎏、シラネコムギ57㎏でした。それぞれ3㎏、2kgの種からの収量です。
相対的にシラネコムギの収量が少ないのは、雑草だらけのところの刈取りで、雑草まで刈り取りたくないので、刈取りの高さを高くした結果、刈り取った茎の長さが短すぎて、脱穀機に麦の穂がうまく入らず、麦わらについたままのものが多かったためだと思います。
反省は来年に生かすとして、とりあえず粉になる作物の夏までに終わらせる作業は終了です。

稲の穂がほぼ出そろいました。
冷夏の予報が一転して暑い夏になりました。この段階では方策(「豊作」に訂正します)に期待が持てそうです。

« 結婚25年メインイベント | トップページ | 二年目の蕎麦 »

趣味の園芸」カテゴリの記事

コメント

ちとせさん
冷夏は困るけれども猛暑も困ります。
暑すぎです。
「あの時」いい表現です。外食でご飯を残してしまった記憶があります。
我が家の米は未熟米でパサパサでえらくおいしくない米でした。
人にも作物にも適度な気候で経過して欲しいものです。

冷夏になったら、また米不足で輸入米を食べることになるのかな…と心配してました。
あの時はニオイがきつくて食べられなかったです。
(今は外国産のお米も変わってきてるのかな?)

暑さは「かんべんして~」ですが、稲がすくすく育っているのを見るのはうれしいですね。
あんちゃんの田んぼも豊作期待♪

ブリザドさん
奥さま、そういう仕事をされているんですね。
ブリザドさんが上を向き、奥さまが下を向いての仕事、総じて言えば自然相手の仕事をされているというのが素晴らしい。
この時期の外仕事、奥さまに脱帽です。

shin5さん
自家製麺と手打ち麺の違いを実感しております。

農作業、お疲れ様です
ウチの家内は某農業研究所でパートやっているので、
この季節は「今日は外仕事で暑かった!」と何度も聞かされます

"刈取りが楽しみです"の言葉、何だかホント素敵ですhappy01

誤変換の件は、しれっと直しておけば良さそうでしたが、
ご丁寧にご苦労様です。

ご苦労様は、それ以上に収穫、種まき、日頃の管理ですね。
離れているのを良い事に、美味しいところだけ
いただき大変感謝しております。

それにしても、ヌードルメーカーはお手軽に自家製小麦、蕎麦を
麺に出来るので、とっても良かったようですね!

shin5さんから誤変換のご指摘をいただきました。修正いたします。
それにしても、ココログの変換なのか、IMEの変換なのか、いずれにしても私の意のままに変換はしてくれないようです。
チャックが開いていたら「開いてるよ」と教えてくれる人の存在は大きいのです。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594703/60077275

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦も蒔いたし麦も収穫したし・・・:

« 結婚25年メインイベント | トップページ | 二年目の蕎麦 »