« 花の季節 | トップページ | 母の日、ごちそうさん »

2014年5月 1日 (木)

25年ミニ企画

Photo_5

4月29日、休みだったので、奥さんと蔵王近辺で遊んできました。

4月末の蔵王と言えば、雪の壁が残るエコーラインが有名どころではあります。

今年は、雪が多かったせいかひときわ高い雪の壁がありました。

エコーラインの滝見台という展望場所から、えぼしスキー場の水仙が見えました。

じゃあ行ってみようということで向かったのがこの写真。

確かに見事な水仙ではありましたが、行ってみてびっくり。

入場料一人520円でした。

どうしたものかと思いましたが、せっかく来たので入場料を払ってゲレンデへ。

斜面を見上げながらの一面の水仙はきれいでしたが気分はちょっと複雑でした。

今回のお出かけの目的は、25年前に遊びに行った七ヶ宿の河原ででもう一度写真を撮って我々の歴史を感じてみようというものでした。

ところが、25年の時の流れはいかんともしがたく、

Photo_2

こんな吊り橋ができていたり、柵の奥に見える砂防ダムができていたりして当時の面影はありません。

それでも、遊歩道が整備されていたので散策してみると、当然のように木々が成長しており、河原へ降りるのも何となく無理。

髪が薄くなり、しわが増えるという変化が私たちに起きたのとは反対に、木々は茂り建築物が増えていたのでした。
当然この吊り橋にチャレンジはしましたが、私は3分の2くらいを渡ったところで引き返し、奥さんだけが往復を完歩しました。

私は高いところは大嫌いです。

七ヶ宿と言えば有名なのが蕎麦。

その中の一軒まるいちさんで蕎麦をいただきました。
Photo_3

Photo_4

大盛りそば900円とイワナの素揚げ500円です。
それぞれ高いのか安いのかは判断に迷うところですが、
蕎麦の香りがとても良い蕎麦でした。また、イワナもおいしかったです。
蕎麦を良く見ると、うっすらと緑色の部分もあり、我が家の製粉機では砕ききれない部分が入っていることは明らかでした。
自家製粉ということだったので、店の旦那さんに話を聞いたところ、七ヶ宿の蕎麦は、蕎麦屋さんそれぞれが、蕎麦を栽培し、提供しているとのことでした。
まるいちさんでは約2haで蕎麦を栽培しているそうです。
蕎麦とつなぎの割合は「外二」ということで、蕎麦10に対し小麦粉2ということでした。
7対3でも満足に麺にならない私はまだまだです。
また、蕎麦打ちで気を使う点は、ねりをあまり急がないこと、じっくりと練り上げることと話を聞くことができました。
蕎麦粉を分けてもらえないか尋ねたところ、「その辺でいくらでも売っているよ」と丁寧にお断りをされ、断念しました。
が、国道わきの直売所でそば粉を発見、500g640円で購入しました。
近々これで蕎麦を打ってみようと思います。


 

« 花の季節 | トップページ | 母の日、ごちそうさん »

日常」カテゴリの記事

コメント

shin 5さん
25年企画は旅行を考えています。
子ども達に旅行をおねだりしたらプレゼントしてくれるようです。
おねだりする浅ましさと、応えてくれる子ども達の成長に25年の積み重ねを感じます。
さあ、あとは休暇の段取りです。

ブリザドさん
時の流れは如何ともしがたいですね。
すぐ隣にキャンプ場があるのですがかなりさびれた感じでした。
蕎麦屋のそば、完全自給には驚きました。
でも、つなぎの小麦までは自給していない様子。
もっとも、私もつなぎの小麦粉は市販品ですが。

25年ですか。まぁ、長いですよね。
いろいろ変わって当然でしょう。
息子1,2,3も社会人ですから、
奥様との時間をこれまで以上に大事にしてください。
ミニ企画という題目なので本企画もあるのでしょうから
そちらもよろしくお願いします。

思い出の場所が様変わりしていると、寂しいですよねthink
お蕎麦屋さん、蕎麦とイワナの組合わせが美味しそう
しかも、蕎麦の自家栽培&自家製粉とは素晴らしいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594703/59562825

この記事へのトラックバック一覧です: 25年ミニ企画:

« 花の季節 | トップページ | 母の日、ごちそうさん »