« 長くはなったけど・・・ | トップページ | 精米機を手に入れました »

2013年12月 5日 (木)

蕎麦のようなものできました。

ようやく蕎麦のようなものができました。
まずはご覧ください

Photo

Photo_2
箸で持ち上げたところ、ざるにあげたところを見ても今までとは違います。

蕎麦打ちに挑戦してから一月とちょっと。
回数にして十数回目にしてようやくです。
今回の材料は強力粉(市販品)3対蕎麦粉(自家製ひきぐるみ)7の割合。
うどん作りに学んでちょっとだけ塩を入れてみました。

今回うまく行ったのはまぐれじゃないかと思うほどです。
これまで、私は粉と言えば小麦粉しか扱ったことがなく、生地を作る=しっかり捏ねるということしか考えていませんでした。
蕎麦に挑戦しても当然そういう考えしかなく、グルテンを生成しない蕎麦がなぜつながるのかわかりませんでした。

何回打っても麺にならないので、苦し紛れにうどんを2回打ってみました。
生地の感触の違いを感じました。そば粉と小麦粉の違いは歴然としていました。

蕎麦打ちの本を見ても、ネットで検索しても、蕎麦をつなぐのは最初の水回しがポイントと謳っています。
そうしていたつもりなんですが、結果としてそうなっていなかったし、小麦粉を捏ねるのと蕎麦粉を捏ねるのが根本的に違うのかもしれないということに初めて気がつきました。

まだまだまぐれ感が拭えませんが、ちょっとだけ見えてきたような気がします。
年越し蕎麦を手打ちでという目標がかなうかもしれないと思った出来事です。

割とうまくいった原因がちょっとの塩だったとしたら笑ってしまいます。



« 長くはなったけど・・・ | トップページ | 精米機を手に入れました »

喰う」カテゴリの記事

コメント

おお、見事に蕎麦です!
美味しそう!
そして、お疲れ様でした
迷った末にうどんを打って、
蕎麦との違いにひらめきを憶える...かっこいいなぁhappy01

おぉ!すっかり蕎麦ですね!
おめでとうございます。
5:5で上手くいかず、3:7で麺になってるんですね。
粉の割合では無く、技術の差でしょうか?
自家製の年越し蕎麦が楽しみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594703/58700177

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦のようなものできました。:

« 長くはなったけど・・・ | トップページ | 精米機を手に入れました »