« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

初戦敗退

サンタさんにお願いして2か月前倒しのプレゼントに蕎麦打ちの道具をプレゼントしてもらいました。
早速、本を頼りに実践してみましたが、あえなく敗退・・・
麺になりませんでした。
それでも捨てるのももったいないので
短い蕎麦のまま夕飯の一品としてもらいました。
息子1「はっきり言っておいしくない」
父も賛成です。
蕎麦はむづかしいなぁと思いました。
写真にアップできるものができるようになったらアップします。
それにしても悔しいなぁ。

2013年10月26日 (土)

蕎麦粉は完成 第一弾

Photo
かねてから懸案の蕎麦を粉にしてみました。
Photo_2
こんな機械で粉にします。
ピンクのボウルに出てきたものをふるいでふるいます。
その際、蕎麦粉の細い奴が部屋に漂います。
その香りのよさは何とも言えません。
ちょっとした幸福感を味わえます。

今日準備できたのは約2.8㎏の玄蕎麦。
1回で60メッシュのふるいをくぐったものを一番粉
2回で60メッシュのふるいをくぐったものを二番粉
とすると
一番粉1536g
二番粉278g
残念な粉(三番粉)330g
駄目な奴188g
蕎麦殻501g
という結果でした。

二番粉まで含めると歩留り64%です。
製粉機の性能か、原料の限界か、あるいはこんなものなのかわかりませんが、とりあえずそば粉はできました。
あとはおよそ2か月早いサンタさんにお願いして蕎麦打ちセットを手に入れ蕎麦を打つのみです。
最初はナンブコムギと蕎麦粉を5対5で試してみようと思います。


2013年10月24日 (木)

我が家に養子?!

Photo_3
我が家に養子が来ることになりそうです。
その名も「ユニフレームダッチオーブン10インチスーパーディープ」
10月20日行われた地域のイベントで、石焼き芋を作るために借りたものです。
このイベント今年で8回を迎え、3回目からはこのドラム缶窯で
http://anchan.blog.ocn.ne.jp/anhans/2008/09/post_ed01.html
ピザを焼いて提供しておりました。
今年はこのドラム缶窯の上火を利用して石焼き芋も提供をしてしまおうという企てで、ダッチオーブンの中に砂利を入れ、サツマイモも入れて石焼き芋を作りました。集めたダッチオーブンの一つがこれ。
http://anchan.blog.ocn.ne.jp/anhans/2004/07/post_2.html
この時初対面の奴でした。
今回のイベントは雨。
頑張った後はこんな姿に・・・

Photo_4
オーナーさんは、「うちじゃもう使わないから、お祭りの実行委員会に寄付します。」と言っていただきましたが、かつては事務局の一翼を担っていた私ですが、いまじゃ、ピザ部門を担うだけの一員なので極めて重い一言です。
「せめて、我が家の養子にいただきたい」とお願いをしたいと思っています。
それにしても、雨の中頑張ってこんな姿になってしまったこの鍋はきれいにしてやらなきゃと思い、頑張りました。
磨いて焼いて、オリーブオイルを塗ってやれば、やっぱりかわいい鍋ですね。

2013年10月14日 (月)

玄蕎麦になりました

倒伏と雑草の繁茂で結局手刈となった初めての蕎麦づくり。
本日、玄蕎麦10kgを確保しました。
その工程
Wp_000077_1
草丈が長く、稲用の脱穀機ではもてあますと判断し、手作業で、この棒で叩いて脱穀をしました。
当然のように、茎や葉と実が混じってますからとりあえずふるいでふるって大きなゴミを取り除きました。
その後の選別作業で活躍するのがこれ
Wp_000079_1

唐箕(とうみ)といいます。
上の投入口(現代風にいうとホッパー)に選別するものを入れ、右奥に見えるハンドルを回すとハンドル軸に取り付けられている羽根車で風を起こし、ホッパーから落ちる蕎麦の実とごみを風の力を利用して選別します。
右側に良いもの
左側にあまり良くないもの
画面左下には、ごみ=葉っぱや茎などが飛ばされます。
Wp_000078_1
このようにいろんなものが混じったものを

Wp_000080_1
この状態にまで選別します。
もっともこの工程は重いものと軽いものを選別するだけなので、この段階では小石や土、雑草の実などが混ざっています。
さすがにこれを取り除くのは手作業です。
ちょっとずつ皿に載せ、ピンセットを使い不純物を取り除きます。
そしてほぼ玄蕎麦に近い状態になるのです。
しかしそれで終わりではなく”磨き”という作業があります。
玄蕎麦どうしを擦ってへた(というのだろうか)等の不純物を擦り落とします。
本来なら、この磨きの工程を終えると玄蕎麦の完成、粉ひきになるのでしょうが、
私は、それを水洗いしました。
今は、洗った玄蕎麦をこんな形で
Wp_000086_1

乾燥させています。

どのくらいの時間で乾燥するのかわかりません。
試行錯誤を繰り返しながらそば作りを続けたいと思います。



2013年10月 5日 (土)

新うどん

Photo


Photo_2

25年産小麦で作ったうどんが到着しました。
早速食べてみました。
苦労の甲斐あっておいしく仕上げていただきました。
興味のある方、ご一報を。

2013年10月 4日 (金)

彼岸花

Photo

庭の土手に彼岸花の群落があったらきれいだろうなぁと思って、奥さんの実家から彼岸花の球根をもらって植えました。
すると、なんということでしょう!!
花が2輪だけ咲きました。
それも1本目の花が終わってからもう1本が。

せっかく伸びた茎を切ってはいけないと思い、早々と草刈りをして待っていたため、いざ花が咲くころにはご覧のとおり雑草だらけの中に咲きました。

なかなか思い通りにはいかないものです。
来年の話をすると笑われそうですが、2本は咲くことが約束されたようです。
何年かかって群落になるのか、あまり期待をしないで楽しみにしたいと思います。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »